ザ・マジックアワー


こんにちは、スタッフCです。

今回は、結局何回もみちゃう!

三谷ワールド全開 & 映画関係者にはたまらんのじゃないかい。

『ザ・マジックアワー』について!

 

『ザ・マジックアワー』(The Magic Hour)は、2008年6月7日に公開された三谷幸喜監督の映画作品です。

 

 

マフィアボスの愛人・マリに手を出したことがバレてしまったビンゴは、自分の命を見逃してもらうため伝説の殺し屋「デラ富樫」を連れてくることを約束する。

探しても一向にデラ富樫を見つけられない(伝説の殺し屋なんで)ビンゴは苦肉の策として、売れない俳優・村田大樹を “映画の撮影” と騙してデラ富樫に仕立て、乗り切ろうと奔走する・・・!

始まりはこんな感じです。

 

 

夢あきらめかけていた三流役者 村田役を佐藤浩一さん、

(ヘタクソに演じる俳優を演じるってすごい)

ビンゴ役は妻夫木聡さん、ボスの愛人マリ役が深津絵里さん、マフィアボス役が西田敏行ーーー!!

 

 

またその他もろもろ  エッ!この人がこんなチョイ役でいいの?! というような出方で登場するんですよね。

中井貴一さんとかほんとものすごい一瞬すぎて笑ってしまった。

 

題にもなっている『マジックアワー』とは、日没後の「太陽は沈み切っていながら、まだ辺りが残光に照らされているほんのわずかな、しかし最も美しい時間帯」を指す写真・映画用語で、

転じてこの映画の中では「誰にでもある『人生で最も輝く瞬間』」を意味しているとか。

 

 

(なるべくネタバレにならないように書いてるんですが)

 

この佐藤浩一演じる「村田」の夢破れ落胆の中で最後の一瞬光る、スクリーンに写った自分の姿をみて涙するシーンと、

 

長年の憧れだった俳優とのシーン、夕暮れのマジックアワーと重なって、非常によかったですね。

 

こうやって諦めてしまうひとがどれぐらいいるんだろうと思うと、実力と運で決まるエンターテインメントの世界は素人が思うよりも難しいところなんだろうなと。

もう一つのみどころとしては、映画ってこうやって作れられてるんだー・・・!! と裏側がチラっと見れるところです。

セットを組む大道具さん、スモークをたいたり雨を降らせたり、銃弾に合わせて爆破させるスタッフもいて、最後のエンドロールなんですがセットを1から組む工程が全部見られるんですね。

 

映画って役者と監督ぐらいしか表に出てこないけれど、こんなにたくさんの人たちの力で成り立っているんだなぁとエンドロールでまた感動しました。

 

 

今はもしかしたらCG加工でできてしまうこともあるかもしれないけれど、昔ながらの風合いや良いところは残っていって欲しいもんですね。

blank

ザ・マジックアワー

新品価格
¥300から
(2020/8/3 15:59時点)

blank

↑amazonから観られます!

 

声だして笑っちゃうシーンも多数!

ズーンと重い気持ちになってしまった時はやっぱり映画ですよね!!

おすすめです!

 

フォローお願いします